1. ホーム>
  2. ステータスとの天秤

ステータスとの天秤

庭付きの一戸建て住宅を持つのが夢・・・かつて多くのサラリーマン家庭がそうした夢を描いていた時代がありました。
現在では価値観も多様化しており、庭付き一戸建て住宅を持つことを誰もが同じように夢見る時代ではなくなりました。

けれども家族が健康的に快適に暮らすことのできる家を持つことを理想に掲げる人は現在でも少なくありません。そしてどうせ家を持つなら、どこにでもあるハウスメーカーのカタログに載っているデザインの中から選ぶのではなく、自分の夢やこだわりを形にしたデザイナーズハウスを建てたいという思いを持つ人も大勢います。そうはいっても、デザイナーズハウスを建てるのはやはり通常の安価な一戸建てよりもはるかにお金がかかるのは確かです。
でも、特別なお金持ちではなくても、例えばかなり狭い敷地などでも、その条件を生かして理想の住まいを手にすることは可能です。狭小住宅専門のデザイナーズハウスを提案している会社もあります。他の家とは違う、その家に住むことそのものがステータスになるような住宅は確かに魅力的です。
でも、限られた敷地と予算の中で知恵を絞って快適に暮らせるデザイナーズハウスを建築することも可能です。良い建築家と出会い、自分の理想とする住宅を共に作り上げてゆく喜びは、既成の住宅を建てたときには得られない特別な達成感を感じることができます。とはいえ、家というのは一生のうちにあっても1度かせいぜい2度の大きな買い物です。

家という高額の買い物をするときに、費用とステータスを天秤にかけて悩むことがあるのも当然のことと言えます。まして、家というのは一度建ててしまえばもうおしまいではなく、そこに住まう人々の成長やライフステージの変化に伴って求められる機能や理想とする形が少しずつ変わってゆくものでもあるのです。そんな時にデザイナーズハウスという選択をすることによって、より理想に近い形でマイホームを手にすることができます。