1. ホーム>
  2. 将来を見据えた収納スペース

将来を見据えた収納スペース

デザイナーズハウスの魅力は圧倒的な存在感やほかの住宅とは異なるデザイン性の高い外観などです。
機能性を高め、そこに生活する人が快適な住空間を楽しめるような様々な工夫がされているものが多数あります。

デザイナーズハウスというと何億円も費用が掛かるような夢のような豪邸を思い描く人は多いと思いますが、そんな大豪邸は一般の人々がそうそう手を出せるものではありません。もちろん安価な建売住宅などと比較すると費用は掛かりますが、満足感の高いオリジナリティのあふれたデザイン性の高い住宅を建てられるのが魅力です。
そして狭い敷地にもそれは可能です。限られた都市空間の中でごく狭い敷地に快適でデザイン性の高いデザイナーズ住宅を建てることを得意とする会社もあります。限られた敷地だからこそ、様々な工夫によって少しでも広く開放的な空間を実現できるような設計が求められます。

新しい家に住み始めて最初のうちは特に問題なく住むことができても、多くの人が直面する問題が収納スペースの不足です。収納スペースというのは多ければいいというものではありません。広い収納スペースがあるとどんどん物を詰め込むようになり、気が付くとせっかくの広いスペースが物であふれてしまって、結局また収納不足に陥ってしまうという人は少なくありません。収納は広いスペースを用意すればいいわけではなく、取り出しやすくしまいやすいスペースにすることこそ大切です。狭い敷地に建てられる住宅ならなおのことその点が大切になります。デザイナーズ住宅の建設を予定するとき、そのデザイン性の高さだけでなく空間を最大限に利用した収納しやすいスペースを充実させることも可能です。狭い敷地でも吹き抜けなどをしっかりと確保することにより、自然の光や風が通り抜けるような開放的な空間を実現することもできます。

デザイナーズハウスの魅力はその人のライフスタイルに合った形で様々に空間をデザインできるところです。将来を見越して広さだけでなく使いやすい収納を充実させることもデザイナーズハウスなら自由自在です。