1. ホーム>
  2. 老後に住むことができるか

老後に住むことができるか

デザイナーズハウスとは、各ハウスメーカーや各工務店に家の建築を依頼して建ててもらうタイプではなく、プロの建築家個人に依頼して家を建ててもらうタイプの家のことです。
ですから、依頼する建築家の個性や家のデザイナーとしての発想が生かされます。
よって、ハウスメーカーや工務店のような基本的な部分は規格化されている家とは違い、お洒落な雰囲気の家になることが多いです。そのお洒落さも外観だけではなく内装にも通じるのです。

家を建てるというのは、生涯に一度か二度あるかないかの大きな買い物であり、大切な財産となるものです。
しかも、毎日の暮らしをおくることになる場所であり、心身を休めリフレッシュする場所であり、家族との楽しい団らんを過ごす場所でもあります。
そして何よりも、家での暮らしを長く続けて年齢を重ね、やがては老後の生活を営む場所でもあるのです。
ですから、家を建てた頃の若い自分にとって使い勝手のよいものを考えるだけではなく、いずれは高齢者となる自分にとっても使い勝手のよいものを考えておかねばなりません。

そこで大切になってくるのは、依頼するプロの建築家との意思疎通です。
任せきりにしてしまうのではなく、自分自身の将来にわたる考えをしっかり持って、建築家と相談を重ねながら最終的な家のデザインを決定するようにします。
自由でお洒落なデザインを発想し、個性を生かして建築をする建築家も、依頼主がこうしてほしい、ああしてほしいという意志をはっきり提示すれば、それを生かしながらお洒落なデザイナーズハウスを建ててくれるものです。ですから、老後も暮らしていくことを想定したうえでの自分の希望を、きちんと最初に提示することをおすすめします。

プロの建築家がもつ個性と発想力が、依頼主である自分の長い人生を見据えているからこその老後生活にも優しい家作りという希望と結びついた時、本当の意味で素晴らしいデザイナーズハウスが完成することになるのです。